静岡県西部地区・周智郡森町・袋井市・磐田市・浜松市の管楽器・木管楽器・フルート・ピッコロ・サックス・クラリネットの修理・調整・修理講習、中古楽器の販売・買取。

木管楽器 調整・修理
中古楽器 買取・販売

静岡県公安委員会 古物商許可番号 第491230000245号

トップ

調整・修理・修理講習

中古楽器買取

中古楽器販売

会社案内

Q&A(FAQ・よくある質問)

掲示板

日記

リンク

お問合せ・お申込み

トップ掲示板

掲示板

掲示板

 公序良俗に反するような書き込み、営利目的や宗教勧誘などの書き込みは、全てお断りします。
 また、そのようなものが書き込まれた場合は、予告無しに削除いたします。
お名前 *
メールアドレス
ホームページ
タイトル *
メッセージ *
ご使用のブラウザによっては、メッセージの入力が受け付けられない時がありますが、
その時は、文章の一番最後で改行をしていただければ、入力が受け付けられます。

キー * 「がっき」とひらがな3文字で入力してください。(あらし対策用)
パスワード 修正・削除用に必要です。(半角英数で8文字以内)
 
* は必須入力項目です。

page 16

1ページの最大表示件数:5件 総表示件数:300件 (古い順に削除)
マテキG10
投稿者: まい 投稿日:2007/12/21 14:53:00 No.35
先日はフルートに金メッキをしていただき、ありがとうございました。
先生にも確認していただきましたが、先生もスゴク気に入ってくれたみたいです。
「うん。いいね!」
「私の笛に何かあった時は、マテキ借りるからね〜♪」って言ってました(笑)
先生に吹いていただいた事で、この笛の素晴らしさが改めてわかりました。
私も先生みたくG10を吹きこなせるように頑張って練習します!

秡川さんには、私のフルートをいつも直していただき感謝してます。
これからも宜しくお願いします。

マテキ G10 様 書き込みありがとうございます。
投稿者: サウンドミュージック管楽器です。 投稿日:2007/12/21 16:59:00 No.41R
先生から譲っていただいた魔笛でしたね、そうですか先生にも気に入っていただけましたか、ありがとうございますとお伝え下さい。
市場に出ている数も少ないでしょうが、正直言って、私は魔笛のフルートは数回しか修理していません。その魔笛を修理していて完成した時は素晴らしいフルートだと感じました。
今回のフルートで2本目の修理ですが、最後には金のフルートが欲しくなるのではないでしょうか?
とりあえずは、今回金メッキした(魔笛)のフルートで当分は練習していただき、音大に入るころに入学祝で買っていただくと言うのが理想ではないでしょうか?(地元のお客様にそういう人がいます)その為には目標を持ってしっかり練習していかなくてはなりませんね!!
頑張って下さい。
また何かトラブルがありましたらお知らせ下さい。3ヶ月以内でしたら点検調整は無料で行います。
ありがとうございました。

YFL-714の総24金メッキ
投稿者: へたの横笛好き 投稿日:2007/12/07 15:26:00 No.34
YFL-714を買って半年,YFL-914Cが欲しくなり注文しようかと思っていましたが,サウンドミュージック管楽器さんのオークションページに総24金メッキがリーゾナブルな値段でできるとありましたので,お願いしましたところ,本当に素晴らしい出来上がりで,その丁寧なお仕事ぶりに感激しました.
YAMAHAの9シリーズは14金ですが,それが色あせて見えるほどの出来上がりで(笑,でも本当の話です),吹奏感も音色も完全に金製の感じで(素人の私の感想でなく,994Cを常用している先生の感想です),914Cを買う気が完全になくなりました.きっと音の遠達性などには違いがあるのでしょうが,アマチュアの私には充分です.但し,かなり目立つ楽器となりましたので,間違えたりしますと
聞いている人にすぐに分かりそうで,一生懸命に練習しようと思っています.
本当に有り難うございました.

ベーム以前の?木管フルートとピッコロの再生
投稿者: へたの横笛好き 投稿日:2007/12/07 15:47:00 No.40R
何カ所かノックピンのネジ山が欠けていたり,キーが1本折れている古いグラナディラ製のフルート(ベーム以前?)と同じメーカーの同様なピッコロの再生をお願いしましたが,誠に面倒な依頼であったにもかかわらず,気持ちよく引き受けていただき,完璧な仕上がりで帰ってきました.実がこのフルートは以前に日本の長老フルート作者の工房に修理をお願いしましたが,かなり高価であったため断念した経緯があります.それが,かなりリーゾナブルな値段でよみがえりました.
モダンフルートとは音質,音量とも全く違いがあって,当時の演奏者や作曲家の苦労や意図が分かるかもしれないと思い,再生をお願いしたものです.
祓川さんも,このような厄介な代物の修理には慣れておられないとおっしゃておりましたが,仕上がりは素晴らしいものでした.
古楽器の修理でお困りの方がおられましたら,一度祓川さんに相談なさってみるのも良いかと思います(決してサクラではないですよ).

へたの横笛好き様
投稿者: サウンドミュージック管楽器です。 投稿日:2007/12/07 17:29:00 No.39R
へたの横笛好き様書き込みありがとうございます。
最近はオークション等で手に入れた古いフルートの修理依頼が多くあります。木管に限らす銀とか洋白音孔ソルダード等の修理の場合、音孔のハンダ付けからやりなす場合もあります。
金属のフルートの場合はハンダ付けを剥がせばネジの抜けない物や芯金が錆び付いて抜けない物は鍵柱座を剥がして抜く場合もあります。
しかし、今回の様に木管の場合はその様な事が出来ないため、どうして抜くか色々試して、どうにか抜くことが出来ます。
その為、見た目より時間が掛ってしまい、ひどい場合は心金を1本抜くのに一日掛けても抜けない場合があります。
ビンテージフルート(フルートに限らず)古い楽器は修理を始めて見ないとわからない部分が多く苦労します。
しかし、完成した時の満足感(達成感)を味わうには良い仕事になっています。
今回のフルートは完成して音出しをする時、音孔の間隔が広く指が届かないため、指の届かない音孔にセロテープを貼って試奏しながら調整しました。
私は、身長175Cmと指も短くはないのですが届きませんでした。
今回のフルートは吹きこなす為には相当の練習訓練が必要ですね?
また、ピッコロの方は逆に指が太い為か指と指が当たってしまいこれも難しいように思います。
ヤマハの714も金メッキしたわけですのでこちらも使いたいでしょうから使い分けるのは大変ですね!!
せっかくお金を出して修理したのですから吹きこなせる様にがんばって欲しいと思います。
ありがとうございました。

へたの横笛好き様金メッキありがとうございます。
投稿者: サウンドミュージック管楽器です。 投稿日:2007/12/07 17:56:00 No.38R
今回は、YFL−714の金メッキとビンテージ木管フルート・ピッコロの修理依頼ありがとうございました。
総銀の金メッキはよくありますが今回の様な木管シンプルキーの木管フルートとピッコロの修理依頼は多くはありません。(通常の木管フルートは良くあります。)
その為、今回の修理では私も勉強させていただきました。
ありがとうございました。


ありがとうございました
投稿者: HAYAKAWA 投稿日:2007/11/18 00:00:00 No.33
 ムラマツフルートでお世話になりました早川 広志です。先日楽器到着いたしました(ご連絡遅くなってすみませんでした)。まるで新品のようにピカピカになって帰ってきたフルートに、素手で触るのも勿体無く思わず手袋をはめてケースから取り出してしまいました(笑)。
 思えば20年以上前に初めて手に入れた(中古で)フルートなのですが、最初のときから状態が悪く、今までまともに吹いてあげたことも無く今に至っていた楽器なので、これでようやっときちんと「楽器」として使えるようになった・・・という感じです。
 それにしても「うっそ〜〜!」というくらい完璧に仕上げてくださって、感謝感謝です。
  今、モダンのフルートは木管のものを主に吹いているのですが、かなり昔のもの(多分1940年代)ということもあってか調整がうまくいっていないようで、少々吹きにくいところがあるのですが、こちらも調整をお願いしようかな、とも思っています。その際はまたどうぞよろしくお願いいたします。
 今回は本当にありがとうございました。

満足していただきありがとうございます。
投稿者: サウンドミュージック管楽器です。 投稿日:2007/11/18 08:04:00 No.37R
修理内容気に入っていただきありがとうございます。
今回はタンポ交換調整の依頼でしたが、あまり変色が酷かった為、全体磨きをお勧めしました分予算がオーバーしてしまい申し訳ありませんでした。
今回全体磨きをお勧めした理由は、B KeyとB bLeverの芯金が錆び付いて抜けなかったため、鍵柱座のハンダ付けを剥がして芯金を抜きました。
その為ハンダ付けした後、変色した部分を磨くと部分的に光沢が出てアンバランスに成るため全体磨きをお勧めしました。
結果、気に入っていただけたようですからお勧めした甲斐がありました。
ただし、この時代のムラマツは総銀に限らず銀メッキをしていませんから銀メッキしてあるものに比べ変色し易いですから、手入れを怠るとすぐに変色してしまいますから注意してください。(時々研磨剤の入っていないシルバーポリッシュで磨くといいと思います)
黒く変色して渋くなった方が好きな人もいますが、私はヤマハに勤務中ピカピカかに光った、新品の楽器を見てきた関係かもしれませんが、やはり綺麗な楽器が好きです。
シルバーポリッシュを使う時はタンポを痛めないように注意が必要です。
細かい所は麺棒などを使うと良いかもしれません。
その時は、汚れたら即取り替えないとすり傷が付きますから、汚れたらもったいないと思わず取り替えましょう。
シルバーポリッシュを1.5倍ぐらいにうすめて塗った後乾かしてからこすればタンポ等に付着しないでよいと思います。
試して星と思います。
他、何か分らないことがありましたら気軽にお問合せ下さい。
今回はありがとうございました。機会がありましたらこれからもよろしくお願いします。

ムラマツフルート
投稿者: junko 投稿日:2007/08/25 14:53:00 No.32
お願いしたフルート、きれいに生まれ変わって戻ってきました。ありがとうございました。これで、音楽会に持って行っても恥ずかしくないです。(わたしの腕が恥ずかしくないように、あとは練習あるのみです)
ところで、一つお聞きしたいのですが、フルートの型番ってどこをどうみたらわかるのでしょう?M−180を修理に出している間、中学の時に使っていた古いムラマツを使っていたのですが、へんな癖をつけてしまったらしく、鳴りにくい音がいくつかあるし、大きな傷や傷みはないもののさすがに古さは隠しきれません。多分25〜6年前に15〜6万だったと思います。そのうちこちらもオーバーホールにだしたいなあと考えているので、よろしお願いします。今回は本当にありがとうございました。

ムラマツフルートさん書き込みありがとうございます。
投稿者: サウンドミュージック管楽器です。 投稿日:2007/08/25 20:16:00 No.36R
修理内容に付いて気に入って頂ありがとうございます。
そうですねフルートに付いてはグレーも重要ですが、今回修理した管体銀(M−180)のフルートをお持ちになれば、音色等の好みがあると思いますが、練習あるのみだと思います。
練習次第で楽器の性能を120%引き出すことで総銀に負けない音色を出せると思います。頑張って下さい。

ムラマツのMモデルは他のメーカーと違い銀メッキをしていませんから素材の地肌がそのまま出ています。(現在販売されているEX・GXは銀メッキしてあります)
ですから見分け方としては、まず材質で見分けることが出来ます。
洋白(洋銀)と銀の色の違いは
洋白(洋銀)は黒い色をしていて、銀は白く見えると思います。
古くなると変色してきて見分けが難しくなりますが、おおよその見当が付きます。
ちなみに
M−80 全て洋銀で出来ています。
M−85 リップ・プレートだけが銀で他は洋白で出来ています。
M−120頭部管が銀で他は洋白で出来ています。
M−180 頭部管・管体が銀で洋白で出来ています。
スタンダードモデル 総銀で主管のムラマツのマークの下に製番があります。


宅急便つきました。
投稿者: 梅津 しげよし 投稿日:2007/07/21 17:24:00 No.31
タンポ総取替えオーバーホール、磨きと超音波洗浄していただいたフルート(YFL81)、午前中に届きました。
真っ黒けで、タンポぼろぼろ、吹けなくなって何年も放置してあった楽器が、ピカピカ新品になりました(新品同様ではなく、新品!)。
外観だけの問題ではなく、ガタのないメカニズムってこんなだったんだという感慨にふけりました。何年もの間に少しずつキーにガタが出るので、それに慣れてしまいなかなか気がつきませんが、調整されて戻ってくると、そのしっかりした感触はすごく頼りがいのあるものに感じられて、少し上手に吹けるような錯覚に陥るくらい(笑)。なおしていただいた笛が使えない間は、別のスチューデントモデルをときどきさわるくらいだったのですが、また楽器を練習する情熱が沸いてきた気がします。
経験豊かな方に巡り会えた上、予算も無理を聞いていただき、感謝しています。
なんだか、まるでサクラの書き込みのように絶賛になってしまいました。なにか要望か文句の一つでも書きたいところなのですが(ケチをつけるのが趣味のような男です)、今回の修理については、”残念ながら”完璧にやっていただいたと認めざるを得ません。
本当にありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

梅津様書き込みありがとうございます。
投稿者: サウンドミュージック管楽器です。 投稿日:2007/07/21 23:45:00 No.35R
フルート無事届き安心しました。
また、修理内容に付いても気に入っていただきありがとうございます。
今回YFL−81が届いたときは、はっきり言ってなんだ!!このフルートはと思うほど真っ黒で、タンポには訳のわからない樹脂の様な物が貼り付いているし本当にひどい状態でした(苦笑)。
梅津様には申し訳ありませんが本当にそう思いました。
YFL311兇陵佑法複械隠鵜兇妨造蕕此▲爛薀泪庁釘悗筌汽鵐ョウエチュード等の洋銀(洋白)に銀メッキした物はほとんど同じです)ブツブツしたメッキ浮きが発生している酷い物は修理していますが、今回の81の様に総銀のフルートでここまで酷い物は40年以上フルートを見ていますが初めてでした。
その様なフルートをタンポ交換のみの修理依頼だったものですから、磨いて新品同様にしたらどうでしょうかとお願いしてして修理させていただきました。
その理由としては、YFL−81は30年近く前に自分が作っていたフルートだったため、嫁に出した娘があまりにも疲れた状態で帰ってきたような気がして、フルートが可哀そうと思った訳です。
その様なフルートでも、手を加える事によって、嫁に出した(新品)時の様に美しいフルートに再生することが出来ました。
ただし、手入れを怠けると銀は黒く変色しやすいですから、練習した後は綺麗な柔らかい布(ポリシングクロス等)で優しく拭取ることが必要です。
特に酸性の体質の人は手入れが必要です。
黒く変色したフルートを好きな人もいるかもしれませんが、調整がしっかりされていて綺麗で清潔なフルート大事に使って欲しいと思います。
せっかく大変なお褒めの言葉を書き込んでいただいた方に、この様な厳しい返答を書き込み申し訳ありません。
最高のフルートをお持ちですからもう少し大事に使って欲しいと思いこの様な書き込みになってしまいました。
申し訳ありませんでした。
この様な苦言に懲りずこれからも機会がありましたらよろしくお願いします。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] 16 [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23]
修正・削除  記事No パスワード  
 ・半角英数で入力してください。
 ・親記事を削除するとRes記事も削除されますので御注意ください。